症状固定をすると何が問題になるか不安な人も多いでしょう。賠償金において症状固定と症状固定後では状況が変わります。つまり支払われる金額がお大きく変わる可能性があるのです。何が変わるのか非常に気になる部分でしょう。固定前と固定後で何が大きく変わるのか解説します。

弁護士症状固定になると治療が打ち切られたと解釈されます。以降、治療費について、加害者側の保険会社から支払われなくなるのです。症状固定後、交通事故で負ったケガに対し手術を行ったとします。症状固定前なら保険金の支払対象になりますが、以降ならなりません。そのため症状固定のタイミングについては慎重に見極める必要があります。示談交渉では保険会社から症状固定という言葉が出て来ることがあります。保険会社が症状固定を求めるのは、治療による保険額を払い続けるのを止めたいということも考えられるのです。しかし保険会社は医師ではなく症状固定かどうか判断できる立場ではないのです。交通事故による後遺障害賠償金を適切な金額にするためにも慎重に判断しましょう。

交通事故による症状固定は後遺障害等級や後遺障害賠償金に影響します。保険会社から症状固定を迫られても、分からないまま了承しないようにしましょう。症状固定をしても良いかどうかの判断や手続きに関しても一人では難しいものです。症状固定の問題で混乱しないためにも、後遺障害に強い弁護士に相談するのが無難です。