交通事故の示談交渉で出て来る症状固定はどんなタイミングで判断すれば良いか不安になる人も多いでしょう。タイミングは交通事故においてどんなケガをしたのかも関係して来ます。保険会社は症状固定を早くして欲しいと迫るかもしれません。そんな場合どうすれば良いのでしょう。症状固定をするかどうか適切なタイミングはあるのかは難しい問題です。

症状固定一般的に6ヶ月程度で症状固定をする人は多いです。しかし交通事故で受ける被害は人それぞれ違います。そのため6ヶ月以内で判断しないようにしましょう。1年以上でも症状固定が判断できない場合もあるからです。もし保険会社が症状固定を強く迫って来たら、交通事故の示談交渉に詳しい弁護士に相談することをオススメします。保険会社から症状固定を迫られた場合、弁護士は有効な助けとなります。症状固定となった後は、治療費についてはどんなに交通事故のケガだと主張しても通じないからです。結果、生活が逼迫する場合も否定できません。

医師の判断を無視し、症状固定扱いをする場合もあります。このような状況でもやはり弁護士の知識は必要になるでしょう。症状固定は保険会社と話し合うことはできます。しかし保険会社の担当者は場馴れしており、法律にも詳しいため、押し切られることは珍しくありません。このことを踏まえると対抗できるのはやはり弁護士に相談するのが無難と言えます。症状固定は賠償責任に大きく関わるので、保険会社に対抗できる専門家に頼るのは無駄ではありません。