適切な判断基準

交通事故の示談交渉で出て来る症状固定はどんなタイミングで判断すれば良いか不安になる人も多いでしょう。タイミングは交通事故においてどんなケガをしたのかも関係して来ます。保険会社は症状固定を早くして欲しいと迫るかもしれません。そんな場合どうすれば良いのでしょう。症状固定をするかどうか適切なタイミングはあるのかは難しい問題です。

症状固定一般的に6ヶ月程度で症状固定をする人は多いです。しかし交通事故で受ける被害は人それぞれ違います。そのため6ヶ月以内で判断しないようにしましょう。1年以上でも症状固定が判断できない場合もあるからです。もし保険会社が症状固定を強く迫って来たら、交通事故の示談交渉に詳しい弁護士に相談することをオススメします。保険会社から症状固定を迫られた場合、弁護士は有効な助けとなります。症状固定となった後は、治療費についてはどんなに交通事故のケガだと主張しても通じないからです。結果、生活が逼迫する場合も否定できません。

医師の判断を無視し、症状固定扱いをする場合もあります。このような状況でもやはり弁護士の知識は必要になるでしょう。症状固定は保険会社と話し合うことはできます。しかし保険会社の担当者は場馴れしており、法律にも詳しいため、押し切られることは珍しくありません。このことを踏まえると対抗できるのはやはり弁護士に相談するのが無難と言えます。症状固定は賠償責任に大きく関わるので、保険会社に対抗できる専門家に頼るのは無駄ではありません。

前後で状況が変わる

症状固定をすると何が問題になるか不安な人も多いでしょう。賠償金において症状固定と症状固定後では状況が変わります。つまり支払われる金額がお大きく変わる可能性があるのです。何が変わるのか非常に気になる部分でしょう。固定前と固定後で何が大きく変わるのか解説します。

弁護士症状固定になると治療が打ち切られたと解釈されます。以降、治療費について、加害者側の保険会社から支払われなくなるのです。症状固定後、交通事故で負ったケガに対し手術を行ったとします。症状固定前なら保険金の支払対象になりますが、以降ならなりません。そのため症状固定のタイミングについては慎重に見極める必要があります。示談交渉では保険会社から症状固定という言葉が出て来ることがあります。保険会社が症状固定を求めるのは、治療による保険額を払い続けるのを止めたいということも考えられるのです。しかし保険会社は医師ではなく症状固定かどうか判断できる立場ではないのです。交通事故による後遺障害賠償金を適切な金額にするためにも慎重に判断しましょう。

交通事故による症状固定は後遺障害等級や後遺障害賠償金に影響します。保険会社から症状固定を迫られても、分からないまま了承しないようにしましょう。症状固定をしても良いかどうかの判断や手続きに関しても一人では難しいものです。症状固定の問題で混乱しないためにも、後遺障害に強い弁護士に相談するのが無難です。

症状固定について

交通事故の被害に遭って示談交渉となった時、症状固定という専門用語が出て来ることがあります。この交通事故の症状固定という言葉を理解できていなければ、示談交渉中、もやもやした気持ちになっても不思議ではありません。示談交渉で保険会社が言う症状固定とは一体なんのことでしょうか?

慰謝料症状固定は損害賠償金にも大きく関係して来ます。医学的な症状固定は治療して改善が見込めない、回復しない、症状がますます悪化することを言います。損害賠償での症状固定とは加害者に治療費を延々と負担させないため後遺障害として損害賠償の対象にするということです。症状固定をした時点でその後は後遺障害慰謝料請求の支払いとなります。症状固定をした後は後遺障害等級認定の手続きが必要です。この手続において保険会社が申請するケースと、被害者が自分で行う被害者請求があります。保険会社が申請を行う場合、被害者を優先して考えないことも多いです。しかし被害者自ら請求するとなれば複雑な手続きが必要となります。その際、弁護士に相談することでスムーズになるのです。

症状固定は後遺障害の等級にも関わります。後遺障害賠償金にも影響を与えるでしょう。そのため慎重に判断しなければなりません。症状固定をすればどんなにケガの治療で治療費がかかったと言っても、以降は治療費を支払ってもらえなくなるのです。時期やタイミングで悩んだ場合、後遺障害に詳しい弁護士に相談する必要が出て来ます。

交通事故と症状固定

交通事故の示談交渉では専門用語もたくさん出て来ます。その中で症状固定という言葉も出て来ますが、何のことか分からない人も多いでしょう。しかしこの症状固定という言葉について、適当に対応をしてはいけません。治療費や、後遺障害についての賠償金などで大きな意味を持っているからです。また、医学的な言葉の解釈と賠償金の示談交渉での症状固定の取り扱い方も少し異なる部分もあります。簡単に言えば、この症状固定をした前後で賠償金の支払対象が変わって来るのです。そのため症状固定をするタイミングが、賠償金に大きく関係します。それは被害者ではなく、賠償金を支払う側、多くは保険会社にも関係する重要なポイントになるのです。

弁護士中には保険会社が症状固定を迫って来る場合もあります。しかし賠償金の支払額に関係するのですから、そう簡単に判断できるものではないでしょう。保険会社は医学的な意味で症状固定かどうか判断できる立場ではありません。しかしそのことを知らなければ、保険会社の言いなりのまま症状固定をしてしまう人も皆無ではありません。用語について分からない、知らないからと言って、保険会社に聞いてもきちんと説明してもらえない可能性もあります。もちろん中には誠実な対応をしてくれる保険会社もあるでしょう。

しかし賠償金額に関係するので慎重に判断する必要があるのです。また、タイミングについても簡単ではありません。多くの場合、6ヶ月と言われていますがこれも個人差はあります。症状固定にするかどうかの判断についても、専門知識が必要なのです。このように症状固定については多くの悩ましいポイントに溢れているのです。そんな悩みに対して弁護士は大きな力になってくれます。当サイトでは、交通事故の示談交渉における症状固定について解説しますので参考にしてみてください。