交通事故の被害に遭って示談交渉となった時、症状固定という専門用語が出て来ることがあります。この交通事故の症状固定という言葉を理解できていなければ、示談交渉中、もやもやした気持ちになっても不思議ではありません。示談交渉で保険会社が言う症状固定とは一体なんのことでしょうか?

慰謝料症状固定は損害賠償金にも大きく関係して来ます。医学的な症状固定は治療して改善が見込めない、回復しない、症状がますます悪化することを言います。損害賠償での症状固定とは加害者に治療費を延々と負担させないため後遺障害として損害賠償の対象にするということです。症状固定をした時点でその後は後遺障害慰謝料請求の支払いとなります。症状固定をした後は後遺障害等級認定の手続きが必要です。この手続において保険会社が申請するケースと、被害者が自分で行う被害者請求があります。保険会社が申請を行う場合、被害者を優先して考えないことも多いです。しかし被害者自ら請求するとなれば複雑な手続きが必要となります。その際、弁護士に相談することでスムーズになるのです。

症状固定は後遺障害の等級にも関わります。後遺障害賠償金にも影響を与えるでしょう。そのため慎重に判断しなければなりません。症状固定をすればどんなにケガの治療で治療費がかかったと言っても、以降は治療費を支払ってもらえなくなるのです。時期やタイミングで悩んだ場合、後遺障害に詳しい弁護士に相談する必要が出て来ます。